過去のNews一覧

> 2021.10.29

サッカー

WEリーガーインタビュー① 松原 優菜選手

★松原 優菜(Yuna Matsubara)選手 《新健4年》

 サンフレッチェ広島レジーナ 所属

Q1.サッカーを始めたきっかけとこれまでのサッカーの取り組みについて教えてください。

ーサッカーを始めたきっかけは、兄の影響です。
中学校からセレッソ大阪堺レディースに所属しており、2021年2月にサンフレッチェ広島レジーナに入団しました。

 

Q2.ご自身のプレーの特徴は?

ー後ろからのパスで攻撃の起点になることと、ゴール前での体をはったプレーです。

 

Q3.2021-22シーズンの抱負を教えてください。

ー試合に出続けて、たくさんの経験を積むことです。

 

Q4.なぜWEリーグに挑戦しようと思いましたか?

ー日本のトップレベルのリーグに身をおいて成長していきたいと思ったからです。

 

Q5.サンフレッチェ広島レジーナに入団した理由を教えてください。

ーWEリーグ発足のこのタイミングで新しくつくられるチームでプレーできることに魅力を感じたし、私もそのチームの一員として沢山の歴史をつくっていきたいと思ったからです。

 

Q6.実際にプレーしてみて、これまでのアマチュアリーグとプロリーグでの違いはありますか?

ーチームや個人での責任感だったり覚悟などはより強いものになっているのではないかと感じます。

 

Q7.今後WEリーグへチャレンジする後輩たちを増やすために、武庫川女子大学には何ができると思いますか?期待しますか?

ーWEリーグの情報を発信したり、試合の生観戦、テレビ観戦ができる機会をつくって、WEリーグを身近に感じさせ、目指しやすい場所にすることです。

 

Q8.武庫女で成長できたと感じる部分を教えてください。

ーまわりにいろいろな競技の選手がいて、そういった友達からたくさんの刺激を受けたことでより選手としての自覚を強く持てるようになったと感じます。

 

Q9.武庫女の後輩たちに伝えたいことはありますか?

ー私も中学生の頃は上のリーグで同級生たちが活躍している中、なかなか試合に絡めなかったけど、今こうやってWEリーグでプレーできているので苦しいときも諦めず頑張ってほしいです。

 

Q10.最後に一言お願いします。

ー私も夢に向かって頑張りますので、みなさんもそれぞれの夢に向かって一緒にがんばりましょう!

 

お問い合わせ

TEL:0798-45-8957
E-mail:spocen@mukogawa-u.ac.jp