過去のNews一覧

> 2021.09.24

未分類

東京オリンピックに出場し、女子シンクロ高飛込で6位入賞を果たした荒井祭里さん(新健3年)が西宮市の石井登志郎市長を表敬訪問、また日本選手権で5連覇を達成されました。

東京オリンピックで女子高飛込と女子シンクロ高飛込に出場し、女子シンクロ高飛込で6位入賞を果たした健康・スポーツ科学部健康・スポーツ科学科3年荒井祭里さんが22日、西宮市の石井登志郎市長を表敬訪問しました。

 荒井さんは18日に行われた日本選手権・女子10m高飛込で優勝し、5連覇を達成した直後だけに、多くのメディアが詰めかけました。オレンジ色のオリンピック日本代表公式ジャージ姿で市長と対面した荒井さんは、「オリンピックではメダルを狙っていたので悔しい結果でしたが、パリにつながるいい試合になりました」と、3年後のオリンピックに意欲を表明。石井市長は「西宮市と縁のある武庫川女子大学からのオリンピック出場は、宮っ子たちに勇気を与えてくれました。次の挑戦を応援します」と激励しました。

 石井市長から「西宮市でお気に入りの場所」を質問された荒井さんは「やっぱり大学ですね」と笑顔。「パリのその先にある目標は」と問われると「まだちゃんと決まっていないけれど、大学院に進んでしっかり勉強しながらパリを目指し、大学の教員になれるように頑張ります」と語っていました。

 歓談後、市長から記念品を贈呈され、市庁舎前の懸垂幕を見学しました。

お問い合わせ

TEL:0798-45-8957
E-mail:spocen@mukogawa-u.ac.jp