過去のNews一覧

> 2021.05.29

陸上競技

関西学生陸上競技チャンピオンシップにて、本学の3名が優勝しました。

延期が決定していた、「関西学生陸上競技対校選手権(関西インカレ)」の代替大会、「関西学生陸上競技チャンピオンシップ」が、5月20日(木)~5月23日(日)に開催され、本学の3名が優勝しました。

優勝した3名のコメントは下記の通りです。

 

安達 杏香(新健4年)  出場種目:七種競技  記録:4809点

コメント:

今大会は対校戦ではなくなったため、順位ではなく記録にこだわり挑みました。目標としていた記録に届かず悔しいです。しかし、4年ぶりの自己ベストで優勝できたことを、多くの方が祝ってくださり本当に嬉しかったです。今後もより高みを目指し、楽しく競技できるように頑張ります。

 

船田 茜理(新健3年)  出場種目:三段跳  記録:12m87(+0.6)

コメント:

この度三段跳に出場しました3回生の船田です。優勝することができ嬉しく思う反面、自己ベストには届かず、とても悔しいです。もう一度課題と向き合い、向上に努めます。日本選手権では、更なる力を発揮できるよう頑張ります。

応援よろしくお願いします。

 

 

籔田 みのり(新健2年)  出場種目:10000mW  記録:48:23.72

コメント:

今回の大会まで苦戦することが多く、不安な部分があったので、優勝することができてほっとしています。ですが、レースの内容としては、課題が沢山見つかるものとなりました。今後は、陸上競技ができていることへの感謝の気持ちを忘れず、次の大きな大会で納得のいくレースができるように練習に励んでいきたいと思います。今後も応援の程、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

TEL:0798-45-8957
E-mail:spocen@mukogawa-u.ac.jp